オールドスカウトの話

アクセスカウンタ

zoom RSS 特色ある隊づくりー4(ちずやんの話からー2)

<<   作成日時 : 2009/02/27 09:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 2 / コメント 5

画像


日本のスカウト数が減少しているのは、少子化が原因でしょうか。
スカウティングから去っていた方々の評価はどうなのかを知る必要があります。
私の実家は戦前からのスカウト一家ですが、仕事の事情などでスカウティングを離れた期間があります。
転団や離れた期間があったことで、スカウティングを客観的にみることができたと思います。
日本のスカウティングは、独自の解釈と閉鎖性があるのではないかと感じています。
仕事で海外に行く時に、その国のスカウティング事情に接するようにしています。
全国のスカウティング事情は、廃団寸前の団もたくさんあると思います。
「PLAN・DO・SEE」と研修しながら、なにも評価反省されていないこともあると思います。
ちずやんさんのコメントに共感する方々は多いと思います。
スカウト数の減少はどこに原因があるか考えてみましょう・・。

以下はちずやんさんからのコメントです。
主人と知り合うまで全く知らなかったBS活動。 短い期間で一気に調べまくりました。山盛りの疑問を持ったまま、子供を犠牲にしたくなくて活動を去りました。 主人には申し訳無いのですが、私たち母子には必要ない活動で、むしろ足かせでした。
何を目標とさせているのか? ぼやけてましたから自分で目標を探しました。 
子供を甘やかせているから辞めさせたと影で言われても、真面目なスカウトでしたし、通う学校でもさすがと先生達からお褒め戴きましたが、活動で学んだ事や身に着けたこと? これは探すのに苦労します。
活動では諦めて、学校や自宅で取り組んだ事で進歩し、何故かBS活動のイメージアップに繋がり、人を集めるのには苦労しなかった私達親子です。 皮肉な事です。


きっとご主人は子どもの頃からスカウトだったんでしょうね。
私の奥さんの話ですが、知り合った時に派遣団章(日の丸)がついた制服が部屋にあったのを見て、この人は何者だろう・・?と思ったそうです。(笑)
現在、私の奥さんは、スカウティングに対する一番の理解者です。
まぁ・・・。長年スカウティングの考え方を少しずつ会話していれば、理解者にもなりますね。
かと言って、私は彼女にスカウティングをすすめたことはありませんが、彼女を観察するとスカウティングの考え方が伝染しているかなぁ・・と感じることもあります。
スカウティングには参加しなくても、次世代育成支援事業の仕事をしていますので、毎日、子どもと保護者に接しています。
子どものいない夫婦ですが、地域の子どもたちに接することで、実践躬行しているのだと思います。

私にとってのスカウティングは「自分の生き方に対しての道しるべ」なのかもしれません。
このブログにも何度も書いていますが、自分たちが受けた恩恵を後輩たちに恩返ししているのだと思います。
スカウティングはムーブメント(運動)ですが、日本人はムーブメントが理解しにくい文化があるように思います。
組織は理解できても、運動は理解できない・・・。
滅私奉公のように、目的がわからなくなるぐらいのめり込む方や道楽のように継続する方々も多いです。
「スカウト未亡人」という言葉があります。
月〜金曜日は仕事、土日はスカウティングで家庭を置き去りにして、会話のないスカウターの奥様のことです。

私は「スカウティングとは何か・・・」を明確に説明できないことに問題があると思います。
英文を日本語の翻訳するときの間違いは大きいです。
スカウティングはアウトドアースポーツでの社会奉仕団体でもありません。
まずは、スカウターに「スカウティングとは」というテーマでプレゼンテーションさせると面白いですね。

自分たちだけで盛り上がって、「楽しいだろ!ね!ね!」と言われても会話についていけない。
喫茶店のカウンターが指定席のように常連さんで盛り上がっている店(団)は、新規のお客様は入りにくいものです。
このような喫茶店は自称常連さんがそのお店の経営を圧迫する皮肉な結果が待っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ボーイスカウトへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/fdaprxqcbj24



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
子どもの時間 大人の時間
商談の席に、子どもをつれてくる女性(母親)。 3歳児と5歳児は、居酒屋を走り回る・・・・。 本題の打ち合わせ内容が「子どもの話に変わっていく・・」 母親はうれしそうに我が子の話題に満足顔。 時間は夜10時過ぎです。 なにか違うなぁ・・と思います。 お酒の席とはいえ、仕事の話をする場所です。 飲食することが目的ではなく、日本ではビジネスの場です。 接待される側の男性は何も言わないですが・・・・空気読めないなぁ・・です。 私は仕事と子育てを両立できる女性です・・・って... ...続きを見る
オールドスカウトの話
2009/02/27 09:55
特色ある隊つくりー3(ちずやんの話から)
前回のブログ掲載で、「ちずやん」からコメントをいただきました。 現状のスカウティングの問題の背景を示しているので、考えてみましょう。 コメント内容は以下のとおりです。 ...続きを見る
オールドスカウトの話
2009/02/27 09:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
>きっとご主人は子どもの頃からスカウトだったんでしょうね

ハイ。
そして現在も在籍はしています。
主人がスカウト浸けであろうと、私がコチラの表現での『スカウト未亡人』であろうと、何も不満も有りません。
母子とも、特に寂しいとか、家族サービスをもっととかも望んだ事も有りません。だから研修所は随分参加したようですし、連盟の役務もこなしていたようですし、引き留めたりも致しませんでした。 その姿が一番主人らしいとも思っております。
そしてこのBS活動へ、形有る物を残してくれています。
私が主人や他のリーダーに対して、この活動を必要としていないと言う理由に、
活動に長年在籍しておられる方からは、ワタクシは『素人』と呼ばれてましたが、スカウト経験が無い人が素人ならば、私は別の団体で育ったので疑問が少々発生します。
ちずやん
2009/02/27 23:05
私は、幼児教育や奉仕に関しては、BS関係者よりもっと深く関わっていましたよ。宗教色の強い団体でしたから、目的が実にハッキリして精進しがいがありました。

現在のBSの現場は? 技術は極めず1つの遊びで、目的では無く手段と言ってさわりだけ、安全管理も書類上の活動がまかり通っている。 繋がりのある社会教育と唱っていても、先を見越しての教育かしらと疑う事はしばしば。 自然の中に入っても、自然と触れる遊びを出来る指導者はかなり少ないし。
そんな不思議な団体ならば、子供にはズレた教育をして欲しく無いと言うわけです。

記事に取り上げて戴いてまで恐縮ですが、私の名前は過去も含め随分広まっていて^^;
なのにこの名前を隠す事なくコメントをさせて戴いたのは、視点の広かったオールドスカウトさんならば、何か感じて下さると思ったからです。

流石にこれは喧嘩腰なので、記事にはなさらないで下さい。 
ちずやん
2009/02/27 23:10
誤解がありましたら大変失礼しました。
「スカウト未亡人」と言ったのではなく、そういった表現をする方がいるということを掲載しました。

このブログは私の視点で掲載されています。
いろんな視点から検証したいので、いろんなご意見はそのまま掲載します。
oldscout
2009/02/27 23:53
>いろんな視点から検証したいので、いろんなご意見はそのまま掲載します。

成る程。何かネタになる物であればどうぞお使い下さい。
夜中にふと思い立ち再度訪問させて戴きました。
オールドスカウトさんは神奈川在住との事。 「イモリマスダ」さんはご存じか、もしかしてお友達では?
ちずやん
2009/02/28 01:36
こんにちは。
私は「イモリマスダ」さんは存じ上げていません。
誤解を生じたことを再度お詫び申し上げます。

私はスカウティングを生きがいにしています。
故にスカウティングの再生には、離れて行った方々のご意見を聞く事が重要だと謙虚に考えています。
加盟員が減少する日本。
海外スカウティングとは違う部分も多々あります。
再生させようと純粋な気持ちで実践するスカウターが全国に増えています。
子どもたちの規範となる大人ってなんだろうかと考える方々も増えています。
このブログは、スカウティングの自画自賛でなく、根本から考えて、改善を実行するスカウターが決起することがねらいです。
今後ともご意見ください。
oldscout
2009/02/28 13:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
特色ある隊づくりー4(ちずやんの話からー2) オールドスカウトの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる