アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「信仰」のブログ記事

みんなの「信仰」ブログ

タイトル 日 時
心の表現(信仰についてー12)
心の表現(信仰についてー12) 自分自身、びっくりしたことを書きます。 TVの料理番組で「いただきます」についてのコメントが面白くて、Yahooで「いただきます」を検索してみました。 語源に対することは説明するまでもないと思いますが、私が驚いたのは、検索にこんなキーワードでヒットすることです。 『「いただきます。」「ごちぞうさま」はどうしていうのでしょうか?サラリーマンが・・・』 『給食時の「いただきます」「ごちそうさまでした」強制に断固反対です。』 などなど・・・驚きます。 信仰心とか礼儀作法とかの以前の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/24 00:09
革命とロシア亡命スカウトー8 (最終回)
革命とロシア亡命スカウトー8 (最終回) 「NORS Australia」は、1950年〜現在に至るまで、オーストラリアでロシアスカウト組織として活動しています。 日本でも、日本連盟以外に国際ボーイスカウト連盟、BSAの極東連盟などがスカウティングをしています。 余談ですが、横浜には嘗て中国童子軍(台湾系)が存在していました。そのうち取材してみようと思っています。 NORSはソ連からロシアになって、現在のロシアのスカウティングの復興協力をしているようです。 同様に、旧東欧のスカウティング復興も東欧諸国の亡命スカウトが祖国... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 7 / コメント 0

2008/12/21 12:58
革命とロシア亡命スカウトー6 (セントジョージと紋章)
革命とロシア亡命スカウトー6 (セントジョージと紋章) ベーデン・パウエルのイラスト、「スカウトとセントジョージ」です。 スカウティング・フォア・ボーイズの中でスカウトの騎士道精神と名誉について示す話の挿絵です。 キリスト教文化圏のヨーロッパは、「キリスト教と騎士道精神」が根底にあります。 もちろん、スカウティングを紐解くとき、この「キリスト教(信仰)と騎士道精神」を知る必要があります。 今日の話はベンチャー以上のスカウト・スカウターは知っていると参考になると思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 10 / コメント 0

2008/12/16 11:13
革命とロシア亡命スカウトー5 信仰(セントジョージとスカウティング・フォア・ボーイズ)
革命とロシア亡命スカウトー5 信仰(セントジョージとスカウティング・フォア・ボーイズ) ロシアスカウト連盟のエンブレムです。お気づきでしょうか?聖人守護のセントジョージが紋章になっています。 「スカウティング・フォア・ボーイズ」に、ベーデン・パウエルは騎士道精神と昔の騎士について書いてあります。 私が小学校6年のときに「スカウティング・フォア・ボーイズ」を初めて読みました。 その後、シニア、ローバー、スカウターになり読み返し、その度の新しい発見があります。当然、年齢に伴う歴史認識や信仰に対する考え方、スカウティングについての考え方の成熟によって、ベーデン・パウエルが伝えた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/12/15 22:55
信仰についてー11 (ロシア亡命スカウトの背景)
信仰についてー11 (ロシア亡命スカウトの背景) 平和の中で私たちにとって信仰とは何かを考えるは難しいのかもしれません。 戦争の原因は、民族や宗教観の違いなどが背景になることはなんとなくわかります。 日本人はいろんな宗教(文化)の取り込む特徴がある民族ではないかと私は考えます。 仏教と神道、道教と神道&仏教、仏教と耶蘇教(キリスト教)など、興味深いコラボレーションをします。 私の信仰する日蓮宗も、関西(京都を中心に)三十番神を信仰する地域もあります。 神道の神様を化身として、仏教でいうところの●●ですと言う考え方も柔軟にいろん... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2008/12/12 20:19
信仰についてー10(心に残る葬儀)
信仰についてー10(心に残る葬儀) 心に残る葬儀について話します。 日本人にとって潜在的に「死」は穢れであるという意識があります。 黄泉の国のイメージがあるのでしょうか・・朽ちる肉体を穢れと感じたのかもしれません。 故人を表現するときに「草葉の陰で・・」と言います。 その昔、亡くなった肉体は野山に置いてくる(自然葬)だったことから「草葉の陰で・・」と言われているそうです。 大和言葉や宮中言葉には「はふる」という言葉が葬祭を意味しています。 「はふる」⇒「(遺体に)葉を降る」⇒「自然葬」を意味するらしいです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/03 08:41
Funeral Service for Scout or Scouter(スカウト葬について考える)
Funeral Service for Scout or Scouter(スカウト葬について考える) 葬儀の話は、日本人的には縁起でもない!なんて言われますね。 私は仕事の関係と経験から「生と死」について考えることがあります。 海外の墓地にこんな碑がありました。 「魂は天に、肉体は大地に、想い出は心に」 私はこの碑に感激しました。考え方はキリスト教的ですが、その思想は日本人にもわかるかもしれません。 近年、増えている散骨や自然葬なども、このような思想が広まっているのかもしれません。 キリスト文化圏では、死は自然なことであり、穢れではないとの考え方が根底にあります。 デスエデュケ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/16 09:52
信仰についてー8
信仰についてー8 信仰は、生き方を探求することでもないでしょうか・・。 私の自論ですが、信仰は宗教団体に入信することではないと思います。 宗教家に言わせると「変なこと言うな!」と叱られてしまうかもしれません。 生きることを考えると、順風満帆な生き方よりも、紆余曲折な生き方をされている方が多いのではないでしょうか。 「死んでしまいたい」と思わなかった人はいないと思います。 思い悩んで、自殺してしまう方もいます。 まわりを見渡すと誰しも自殺してしまった知人や身内がいるものです。 自殺してしまう人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/03 23:04
信仰についてー7
信仰についてー7 スカウター仲間と信仰やスカウツ オン サービスについて話すと「わからない」との回答が多いです。 それは事実だと思いませんか? 信仰の話や宗教章の話をするとセレモニー(宗教儀礼)だけの話になりがちです。 スカウターの中では「実家は●●宗だからたぶん私は●●宗だろうなぁ・・」との回答がある場合もあります。 「スカウツ オン サービス」の意味を理解していないスカウターは「世界中の神(仏)は一緒です。」と自論とスカウト教(?)を展開してしまう方もいます・・。 「スカウツ オン サービス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/28 10:14
BLIA SCOUTS BRAZIL - 5 YEARS(佛光派スカウト)
BLIA SCOUTS BRAZIL - 5 YEARS(佛光派スカウト) ブラジルの佛光派スカウトの映像です。 台湾童子軍の紹介の中にも、佛光派スカウトの映像が出てきます。 ブラジルに佛光派のスカウト隊があるのは知りませんでした。 貴重な映像ですね。 日本からもブラジルに布教にいかれたスカウターはいます。 ブラジルには浄土真宗派のスカウト隊があります。 静岡連盟三島3団はブラジルの浄土真宗派スカウトとの交流の歴史があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/20 09:53
信仰についてー6
信仰についてー6 鎌倉に行くと必ず鎌倉鶴岡八幡宮に参拝にいきます。 14NJ神奈川奉仕隊第2隊も正式参拝をさせていただいた神社です。 私は日蓮宗信徒ですが、鎌倉鶴岡八幡宮の吉田宮司のファンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/15 09:07
信仰についてー5
信仰についてー5 私は20数年、冠婚葬祭のプランニング・コンサルティングの仕事をしていました。 ブライダルプロデュースや葬祭プロデュースの仕事だったのです。 その業界の中でも、少し特殊な仕事でした。 海外ウエディングがブームになると、海外に行く機会も多くなり、海外のスカウティングを視察するチャンスもありましたし、全国にも飛び廻りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/09 07:56
信仰についてー4
信仰についてー4 死生観について考える・・・「テーマが哲学的で話はできません」というスカウターはいませんか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/08 12:02
信仰についてー3
信仰についてー3 戦争は、民族紛争や差別、宗教問題などの他、経済格差なども原因になります。 自らの優位性を示す為に、排除的・差別的な言動をすることで自分の存在感を確認する・・・。 そんな人間の驕りが平和を脅かす訳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/04 15:47
信仰についてー2
信仰についてー2 アメリカに大学留学している若者が帰省してきたときに、相談を受けました。 ホームスティしている家族とのトラブルについてです。 その家族は熱心なキリスト教徒だと言うのです。 日曜毎の礼拝、日々の神への感謝・・。それを強要されるのが嫌だ!と言うのです。 話を詳しく聞くとホームスティした初日に「あなたの信仰は?」と聞かれたそうです。 若者は「特に宗教には興味がないんです・・」と答えたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 08:32
信仰についてー1
信仰についてー1 信仰心は、宗教儀礼ではないことを理解しなくてはなりません。 日々の生活の中に、信仰は生きています。 スカウトであるならば「3つのちかい」を理解していると思います。 信仰について、スカウター仲間で話すことがありますが、信仰についてスカウトに指導できないと言う方がいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/01 20:31

トップへ | みんなの「信仰」ブログ

オールドスカウトの話 信仰のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる