アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「戦争と平和」のブログ記事

みんなの「戦争と平和」ブログ

タイトル 日 時
アラブ地域のスカウティング 戦争と平和
アラブ地域のスカウティング 戦争と平和 私たちはアラブのスカウティングについて、知らないことが多いです。 アラブについて、CNN報道だけを頼りにしていると政治的な思惑を感じます。 アメリカ側の発表、「悪いのはイスラム圏」のような思想を刷り込まれることは危険です。 本当に私たちはアラブの文化、民族、宗教、歴史を知っているのでしょうか。 「戦争と平和」というテーマでこのブログに掲載を始めた2006年7月の第14回日本ジャンボリーが開催されている中、レバノンはイスラエルの空爆を受け、多くの死傷者が出ました。 救援活動をするレバノン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/01/03 22:12
レバノンスカウトと連携するNPO 戦争と平和
レバノンスカウトと連携するNPO 戦争と平和 認定NPO難民を助ける会をご存知でしょうか? この難民を助ける会は、2006年7月のイスラエル軍による空爆で大きな被害を受けたレバノン南部ナバティエ県で、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成を受け、不発弾・地雷回避教育を実施しています。 このNPO(NGO活動)は、レバノンスカウト連盟(ボーイスカウト・ガールスカウト)と連携して、いまだに多くの不発弾や地雷が残り、これらの危険から子どもたちが身を守れるように、子どもたちを主体にした事業を行っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/01/02 20:14
パレスチナスカウト連盟  戦争と平和
パレスチナスカウト連盟  戦争と平和 麻生太郎首相は31日午後、東京・永田町の個人事務所でイスラエルのオルメルト首相と電話会談し、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区への空爆について、攻撃を停止すべきだとの考えを表明した。 また、麻生首相はガザ地区に救援物資の搬入など人道上の支援が必要だとの考えを示した。 これに対し、オルメルト氏は空爆について「イスラエル市民を(イスラム原理主義組織ハマスの)ロケット攻撃から守るため」と主張する一方、「和平交渉を継続していく意向だ」とし、日本や国際機関によるガザ地区への人道支援物資... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/01/02 16:29
革命とロシア亡命スカウトー7 (フィリピンとフランスのロシア亡命スカウトの歴史)
革命とロシア亡命スカウトー7 (フィリピンとフランスのロシア亡命スカウトの歴史) 革命とロシア亡命スカウトー4では、ロシア革命で亡命した白ロシア人は中国の上海、天津などのロシア人コミューンでスカウティングを続けていた話をしました。 その後、中国も革命で共産化します。中華民国政府は台湾に移り、亡命したロシア人はフィリピンのTababaoに移ります。 当時、中国大陸に住んでいた、その他の欧米人もその他の諸国に移住します。 写真はロシアのスカウト(1949年9月)の全国組織のTobabaoグループ(フィリピン)。 その後、ロシア亡命スカウトグループはオーストラリアでロシ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/12/21 12:21
信仰についてー11 (ロシア亡命スカウトの背景)
信仰についてー11 (ロシア亡命スカウトの背景) 平和の中で私たちにとって信仰とは何かを考えるは難しいのかもしれません。 戦争の原因は、民族や宗教観の違いなどが背景になることはなんとなくわかります。 日本人はいろんな宗教(文化)の取り込む特徴がある民族ではないかと私は考えます。 仏教と神道、道教と神道&仏教、仏教と耶蘇教(キリスト教)など、興味深いコラボレーションをします。 私の信仰する日蓮宗も、関西(京都を中心に)三十番神を信仰する地域もあります。 神道の神様を化身として、仏教でいうところの●●ですと言う考え方も柔軟にいろん... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2008/12/12 20:19
革命とロシア亡命スカウトー4 戦争と平和
革命とロシア亡命スカウトー4 戦争と平和 中国(1922〜1947)のNORSのスカウト旗です。 1917年のボルシェビキ革命の後、多くのロシア国民は土地を捨て、海外で移住しました。 ヨーロッパグループ(フランスを中心とする)と中国グループに大きく2つ分かれました。 中国ではハルビン、天津と上海の白ロシア人コミュニティで設立された。 白ロシア人コミュニティのスカウト隊は、ロシアのスカウト活動の伝統を続けて、創設者(オレーグI. Pantuhoff総長)の全体的な指揮の下で、スカウト運動の発展させた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 0

2008/12/11 00:14
革命とロシア亡命スカウトー3 戦争と平和
革命とロシア亡命スカウトー3 戦争と平和 ロシアスカウト連盟(1909〜1922)NORSのスカウティングは、1909年にロシアで始まりました。 写真は創設期のロシアスカウト連盟(NORS)総長オレーグ大佐 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 0

2008/12/10 23:40
革命とロシア亡命スカウトー2 戦争と平和
革命とロシア亡命スカウトー2 戦争と平和 1909年以降、ロシアスカウト連盟はロシア全域・シベリアまで急速に組織拡大しました。 共産主義の出現で、ロシア革命の後、ロシアスカウト連盟はその活動を禁止されました。 そして、革命によるボーイスカウトの指導者の一掃がありました。 指導者の多くはボルシェビキの容赦のない粛清で殺害されました。 資本主義が敵視される思想と帝政ロシアの少年団運動は徹底的な弾圧を受けたのです。 ロシアスカウト連盟とスカウト指導者は、弾圧と生命の危機から逃れる為に亡命していきます。 ヨーロッパや中国... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 0

2008/12/10 20:14
革命とロシア亡命スカウトー1 戦争と平和
革命とロシア亡命スカウトー1 戦争と平和 14NJでロシアスカウト派遣隊に接して、時代は変わるのだなぁ・・・。と実感した。 ベルリンの壁の崩壊後、ロシア、東欧のスカウティング復興はうれしい話です。 革命による共産化がスカウト運動を弾圧してきた歴史があります。 革命の弾圧は多くのスカウト指導者の処刑もあった事実を私たちは知りません。 亡命することを日本人はなかなか理解できないと思います。 革命によるスカウト運動の禁止と亡命する白ロシア人とスカウト組織の歴史を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/12/10 20:00
抗日する中国童子軍の歴史 戦争と平和
抗日する中国童子軍の歴史 戦争と平和 この写真は抗日戦争勝利を祝って街頭に繰り出した中国童子軍です。 戦争と平和というテーマで戦前・戦時中・戦後のスカウティングを考えると日本人としてショックな話もあります。 私は戦争は戦勝国が正義で敗戦国が悪であるとは思っていません。 戦争そのものが悪であることを理解する必要があります。 空気のように平和があるような平和ボケすること自体が怖いことです。 戦後日本が墨塗られた歴史観の中で、「経済日本」があることも考えなくてはなりません。 先般の「無名スカウト戦士の話」は多くのアクセスが... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 0

2008/12/07 12:45
「ちかい」と「おきて」 ユ二フォーム着用・三指の敬礼の許可
「ちかい」と「おきて」 ユ二フォーム着用・三指の敬礼の許可 「当時の日本連盟規約等に対して心ない批判をする人々には当時の三島総長を始めとしての苦心は永久に判らないだろう」と村山有氏は語る。 先ずGHQ関係者は日本のボーイスカウトは米国そのままなら許可しても良いというところまで占領関係国の内諾を得たのであった。 「ちかい」「おきて」その他全部翻訳する事となり、我々の苦闘は日夜続いたのであった。 後になるとあれが悪い・・・これがいかん・・・と批判は単的に下せるが、我々の翻訳したものを、三島総長、中野忠八先生等とGHQ関係者と会議を重ねその間、日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/12/05 16:58
戦時下のスカウティング 戦争と平和について
戦時下のスカウティング 戦争と平和について 写真は第二次大戦中のアメリカのマンザナール日系人強制収容所内で行われた、収容者の日系ボーイスカウトによるメモリアルデーのパレードです。 「アメリカ化」への思想教育の一環としてボーイスカウトが組織された。ボーイスカウトの団員は、当然のことながらアメリカ国家に対する忠誠を宣誓し、常にアメリカ国旗を掲げているにもかかわらず、「普通のアメリカ人」として扱われず、逃亡防止のために銃を向けられた強制収容所から出ることができないという異常な状況下での活動を強いられていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 7 / コメント 0

2008/12/04 08:55
海軍特別年少兵(戦争と平和について)
海軍特別年少兵(戦争と平和について) 海軍特別年少兵をご存知でしょうか? このことを書くのに躊躇して1ヶ月以上かかりました。 文章表現次第で誤解が生じてくるからです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 0

2008/11/30 11:33
「無名スカウト戦士」の本当の話 村山有
「無名スカウト戦士」の本当の話 村山有 無名スカウト戦士の話をスカウトにするとき、困ったことはありませんか? 日本連盟の本にも正しい話が掲載されていません。 戦後の時代背景やBSA出身者である村山有氏の功績であったことが原因でへんな話にしてしまったように思います。 「善行は言いふらすものでない」との謙虚な村山有氏の想いもあったと思います。 しかし、それから50年以上経過する現在、正確な話を後世のスカウトに伝えることは大切です。 私自身、当時の戦況下において南方の島で敵兵を助けることはなかったと思います。 ですから「... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 10 / コメント 1

2008/10/21 11:52
The Last Years of Baden Powell
The Last Years of Baden Powell 晩年のベーデン・パウエルの映像です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/20 19:46
BP after war
BP after war 戦後のBPのメッセージです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/20 19:39
戦争と平和
第14回日本ジャンボリーが開催されている時に、WOSM(世界スカウト機構)のウェブサイトには以下のようなニュースも掲載されました。 クルー諸君にはこのことを深く考えて欲しい! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 6 / コメント 3

2006/08/13 15:30

トップへ | みんなの「戦争と平和」ブログ

オールドスカウトの話 戦争と平和のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる