オールドスカウトの話

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもの時間 大人の時間

<<   作成日時 : 2009/02/26 08:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


商談の席に、子どもをつれてくる女性(母親)。
3歳児と5歳児は、居酒屋を走り回る・・・・。
本題の打ち合わせ内容が「子どもの話に変わっていく・・」
母親はうれしそうに我が子の話題に満足顔。
時間は夜10時過ぎです。
なにか違うなぁ・・と思います。
お酒の席とはいえ、仕事の話をする場所です。
飲食することが目的ではなく、日本ではビジネスの場です。
接待される側の男性は何も言わないですが・・・・空気読めないなぁ・・です。
私は仕事と子育てを両立できる女性です・・・ってどちらも出来てないだろ!と思います。

海外の飲食店では昼間でも「子どもお断り」のレストラン等はあたりまえです。
もちろんアルコールを提供する店には、お客さんが「子どもは帰りな!」と言います。

子どもが悪いのではなく、大人が夜の10時頃まで子どもを連れまわす、しかもアルコールが提供される店で海外ならば虐待に相当します。
「私のかわいい子どもなのに〜〜!」と言いそうですが、海外ならば「ベビーシッターを雇いなさい!」と言われます。
私は子育て支援の仕事もしていますが、大人がしっかりした常識とマナーを持つべきだと思います。

団の保護者会や懇親会の席でも、アルコールが入る席があります。
保護者の立場から、意見を聴くいい機会ですが、その席にビーバーやカブを連れてくる保護者が最近います。
良識の問題ですが、来てしまっているのに「帰りなさい」とは言えないです。

舎営の夜の反省会などに、カブが覗きにくることがあります。
「どうした?」と言うと「なにか美味しい物食べているかと思って・・・」というカブ。
「・・・・・」どうなってるの?と思いました。
「あ!この団は酒宴をしていたりするんだろうな・・・」と想像がつきます。

「子どもの時間 大人の時間」という言葉がありました。
TV番組も9時まではファミリー向けであっても、10からの深夜番組は大人向けの番組でした。
ドラマの中にキスシーンなどあれば、親はチャンネルを変える時代です。
思い出すとカラーテレビでプロレスの流血シーンを観て、気絶した叔母がいました。
9時以降は大人の時間でしたので、「子どもの時間は終ったので、寝なさい!」と言われたものです。

最近はどうでしょうか。
戦争の中継を観ながら食事して「大変だなぁ・・」と会話したり、凶悪事件にも慣れっこになっていないでしょうか。
子どもが11時ごろまで走りまわるファミレスに違和感を感じない感覚。
当店(居酒屋)は、子どもが遊べるスペースがあります・・・。これも考えたら変ですね。
海外では考えられないことです。

ファミレスやコンビニの登場で24時間の時代になったかもしれません。
同時に生活環境や価値観にも変化が生じてきたかもしれません。
スカウティングは、スカウターや保護者がしっかりした物差し(マナーや良識の尺度)をもたないといけません。
尺度をもたない子どもは、「そんなの勝手でしょ!」になります。
みなさんはどう思いますか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ボーイスカウトへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/fdaprxqcbj24




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同感です。
子供だけを留守番させるのは犯罪に等しい。
お酒の席の参加は、預け先が決まったときだけ。

仕事を例に取り上げて有りましたが、
キャンプ場でリーダーの酒盛り、団ラリーとは別に「団の大人の交流会」を開催して、酒の席に出席出来ない親を「リーダーとの本音の話を出来る席を設けたのに!」と参加出来ない親をなじり、仲間意識が低いと言うりーダー。
(預けられない事情や、子供を置いてまで参加する気は無いと言う意識から断る親が私。団ラリーで交流し、意見交換は毎月の会議や総会で十分ではないかと思うから)
飲み会に参加する為に、活動に参加させている訳では無いです。そんな物をBS活動に求めてません。
親への救急医療の講習会、定型外訓練。スカウト経験の無い親は興味があります。だけど案内は有りません。
青少年育成の為のキャンプ場をお酒で汚し、フラフラしながら夜回りしたり、高いびきで寝てたら? スカウトが怪我や病気の時には、赤い顔をして病院に連れて行くの? それがまかり通っているのが今の現状でしょう。いくつかの団を存じておりますので、全てとは言いませんが、ゼロではありません。悲しいことに
ちずやん
2009/02/26 22:03
コメント文字制約が有りましたので、続きを改めて。

良く、スカウト上がりと、保護者上がりとは意識の差が違う。と言われましたが、酒盛りを目の当たりにした団は、保護者からのリーダーは、1割も居ませんでした。 続けられないから。
熱心だから、リーダーとして手伝うのです。経験が浅いから必死です。とても真っ直ぐでした。 しかし仲間意識の高いスカウト時代からのリーダー達に馴染めず結局離れていきます。
お酒に緩い団体は、子供への気の配りも緩いです。
演技で緩くしているとは思えないです。

口先で叱られても、スカウトは大人を良く見ています。
記事からずれた気がします。
長々と失礼いたしました。
ちずやん
2009/02/26 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもの時間 大人の時間 オールドスカウトの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる