オールドスカウトの話

アクセスカウンタ

zoom RSS アラブ地域のスカウティング 戦争と平和

<<   作成日時 : 2009/01/03 22:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 3 / コメント 0

私たちはアラブのスカウティングについて、知らないことが多いです。
アラブについて、CNN報道だけを頼りにしていると政治的な思惑を感じます。
アメリカ側の発表、「悪いのはイスラム圏」のような思想を刷り込まれることは危険です。
本当に私たちはアラブの文化、民族、宗教、歴史を知っているのでしょうか。
「戦争と平和」というテーマでこのブログに掲載を始めた2006年7月の第14回日本ジャンボリーが開催されている中、レバノンはイスラエルの空爆を受け、多くの死傷者が出ました。
救援活動をするレバノン連盟のスカウトが運転する救急車は砲撃を受けてローバースカウトは死亡しました。
隣国のキプロススカウト連盟はレバノンからの戦争難民の受入活動をしました。
レバノンで2006年8月11日〜20日までアラブ地域ジャンボリーを開催する予定でいましたが、戦闘状態のため開催ができなくなりました。
私たちがCNNの映像が正しいと判断するのは危険です。
そうした刷り込みが戦争に引きずり込まれる危険があります。
世界に対して日本が平和のリーダーシップを発揮できない要因になっています。
いかなる戦争にも正義はありません。
死傷者は一般市民が多いことも知る必要があります。
パレスチナ・ガザ地区はイスラエルの空爆で1月3日現在、430人以上の死者を出しています。
紛争地域のスカウトは、今も救援活動をしています。
停戦後は、不発弾や地雷による危険から子どもを守る為に活動するスカウトがいます。
私たちは世界情勢を正しく知り、世界のスカウティングを知る必要があります。

画像

Arab Scout Regionのエンブレム

Arab Scout Regionは以下の17カ国です。
1.アルジェリア
2.バーレーン
3.エジプト
4.ヨルダン
5.クウェート
6.レバノン
7.リビア
8.モーリタニア
9.モロッコ
10.オマーン
11.パレスチナ
12.カタール
13.サウジアラビア
14.スーダン
15.チュニジア
16.アラブ首長国連邦
17.イエメン

画像

アラブ地域スカウト加盟国分布図

1956年8月にエジプトで開催された第2回アラブスカウトジャンボリーの映像です。
日本の1956年(昭和31年当時)と比較するとアラブ地域のスカウティングが先進的です。
シースカウト、エアースカウトの活動(映像2)を見ることができます。
以前にも掲載したSecond Arab Scout jamporee のアクセス件数の多い映像です。


第二回アラブスカウトジャンボリー (1)




第二回アラブスカウトジャンボリー (2)




第二回アラブスカウトジャンボリー (3)




第二回アラブスカウトジャンボリー (4)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ボーイスカウトへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/fdaprxqcbj24

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レバノンスカウトと連携するNPO 戦争と平和
認定NPO難民を助ける会をご存知でしょうか? この難民を助ける会は、2006年7月のイスラエル軍による空爆で大きな被害を受けたレバノン南部ナバティエ県で、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成を受け、不発弾・地雷回避教育を実施しています。 このNPO(NGO活動)は、レバノンスカウト連盟(ボーイスカウト・ガールスカウト)と連携して、いまだに多くの不発弾や地雷が残り、これらの危険から子どもたちが身を守れるように、子どもたちを主体にした事業を行っています。 ...続きを見る
オールドスカウトの話
2009/01/03 22:17
パレスチナスカウト連盟  戦争と平和
麻生太郎首相は31日午後、東京・永田町の個人事務所でイスラエルのオルメルト首相と電話会談し、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区への空爆について、攻撃を停止すべきだとの考えを表明した。 また、麻生首相はガザ地区に救援物資の搬入など人道上の支援が必要だとの考えを示した。 これに対し、オルメルト氏は空爆について「イスラエル市民を(イスラム原理主義組織ハマスの)ロケット攻撃から守るため」と主張する一方、「和平交渉を継続していく意向だ」とし、日本や国際機関によるガザ地区への人道支... ...続きを見る
オールドスカウトの話
2009/01/03 22:17
戦争と平和
第14回日本ジャンボリーが開催されている時に、WOSM(世界スカウト機構)のウェブサイトには以下のようなニュースも掲載されました。 クルー諸君にはこのことを深く考えて欲しい! ...続きを見る
オールドスカウトの話
2009/01/03 22:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アラブ地域のスカウティング 戦争と平和 オールドスカウトの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる