アクセスカウンタ

<<  2008年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
亡命ハンガリースカウトの歴史 3 (White Stag Leadership Developme)
亡命ハンガリースカウトの歴史 3 (White Stag Leadership Developme) 第4回世界ジャンボリーは、「エアースカウト」の活動が紹介されます。 当時、ハンガリーは、最先端のスカウティング研究をしていました。 世界ジャンボリー後、激動の時代を向えるハンガリーの多くの亡命者が海外に出国します。 アメリカに出国する亡命者B&eacute;la B&aacute;n&aacute;thyによってBSAの「リーダーシップ開発プログラム」を構築されます。 第4回世界ジャンボリーのシンボルマーク「White Stag」から「White Stag Leadership ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 7 / コメント 0

2008/12/27 20:27
第4回世界ジャンボリー 3 (ハンガリースカウト連盟)
第4回世界ジャンボリー 3 (ハンガリースカウト連盟) 第4回世界ジャンボリーのペナントです。 ジャンボリーの写真を掲載します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

2008/12/27 19:05
第4回世界ジャンボリー 2 (ハンガリースカウト連盟)
第4回世界ジャンボリー 2 (ハンガリースカウト連盟) 第4回世界ジャンボリーのピンバッジです。 このジャンボリーのシンボルマーク「白い牡鹿」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 0

2008/12/27 18:15
第4回世界ジャンボリー 1 (ハンガリースカウト連盟)
第4回世界ジャンボリー 1 (ハンガリースカウト連盟) 1933年、第4回世界ジャンボリーはハンガリー・ゲデロで開催されます。 46カ国約26000人のスカウトが参加します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/12/27 13:04
亡命ハンガリースカウトの歴史ー2 (激動の時代)
亡命ハンガリースカウトの歴史ー2 (激動の時代) 写真は第4回世界ジャンボリーの開催地ゲドロに建つスカウト像です。 1933年当時の世界情勢は激動の時代でした。 大英帝国、フランスなどは植民地政策の時代、ロシアは共産革命がはじまり白ロシアに移住を始めます。 数年後、ハンガリーも、ドイツとの関係が悪化しはじめます。 欧州の王侯貴族の文化が終焉の時期でもありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/12/27 12:19
亡命ハンガリースカウトの歴史-1 (ドイツ侵攻と共産主義)
亡命ハンガリースカウトの歴史-1 (ドイツ侵攻と共産主義) ハンガリーのスカウティングは、1909年に始まりました。 当時のハンガリーは、イギリスに続き地下鉄が整備されるなど文化水準は高く、繁栄していました。1933年にはハンガリーのゲドロで第4回世界ジャンボリーを開催します。その後、ドイツの侵攻、共産化により、1948年にハンガリーのスカウト運動は公式に廃止されます。1948年にドイツとオーストリアの強制追放者キャンプの中でthe Paul Teleki Scout Association.(ポールテレキボーイスカウト連盟)の名称で活動を開始しま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/12/26 19:09
指導する?始動する? スカウティングへの提言
指導する?始動する? スカウティングへの提言 指導という日本語は誤解をする言葉かもしれない。 本日、3年ぶりに再会したスカウターとそんな話をしました。 スカウティングが三度の飯より好きな盟友は、この3年間スカウティングを離れていました。 野外活動指導員として離れながらスカウティングを考えていたと言うのですが、 盟友の言葉が1つ1つ生きているのを感じました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 4 / コメント 2

2008/12/24 01:14
心の表現(信仰についてー12)
心の表現(信仰についてー12) 自分自身、びっくりしたことを書きます。 TVの料理番組で「いただきます」についてのコメントが面白くて、Yahooで「いただきます」を検索してみました。 語源に対することは説明するまでもないと思いますが、私が驚いたのは、検索にこんなキーワードでヒットすることです。 『「いただきます。」「ごちぞうさま」はどうしていうのでしょうか?サラリーマンが・・・』 『給食時の「いただきます」「ごちそうさまでした」強制に断固反対です。』 などなど・・・驚きます。 信仰心とか礼儀作法とかの以前の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/24 00:09
革命とロシア亡命スカウトー8 (最終回)
革命とロシア亡命スカウトー8 (最終回) 「NORS Australia」は、1950年〜現在に至るまで、オーストラリアでロシアスカウト組織として活動しています。 日本でも、日本連盟以外に国際ボーイスカウト連盟、BSAの極東連盟などがスカウティングをしています。 余談ですが、横浜には嘗て中国童子軍(台湾系)が存在していました。そのうち取材してみようと思っています。 NORSはソ連からロシアになって、現在のロシアのスカウティングの復興協力をしているようです。 同様に、旧東欧のスカウティング復興も東欧諸国の亡命スカウトが祖国... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 7 / コメント 0

2008/12/21 12:58
革命とロシア亡命スカウトー7 (フィリピンとフランスのロシア亡命スカウトの歴史)
革命とロシア亡命スカウトー7 (フィリピンとフランスのロシア亡命スカウトの歴史) 革命とロシア亡命スカウトー4では、ロシア革命で亡命した白ロシア人は中国の上海、天津などのロシア人コミューンでスカウティングを続けていた話をしました。 その後、中国も革命で共産化します。中華民国政府は台湾に移り、亡命したロシア人はフィリピンのTababaoに移ります。 当時、中国大陸に住んでいた、その他の欧米人もその他の諸国に移住します。 写真はロシアのスカウト(1949年9月)の全国組織のTobabaoグループ(フィリピン)。 その後、ロシア亡命スカウトグループはオーストラリアでロシ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/12/21 12:21
革命とロシア亡命スカウトー6 (セントジョージと紋章)
革命とロシア亡命スカウトー6 (セントジョージと紋章) ベーデン・パウエルのイラスト、「スカウトとセントジョージ」です。 スカウティング・フォア・ボーイズの中でスカウトの騎士道精神と名誉について示す話の挿絵です。 キリスト教文化圏のヨーロッパは、「キリスト教と騎士道精神」が根底にあります。 もちろん、スカウティングを紐解くとき、この「キリスト教(信仰)と騎士道精神」を知る必要があります。 今日の話はベンチャー以上のスカウト・スカウターは知っていると参考になると思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 10 / コメント 0

2008/12/16 11:13
革命とロシア亡命スカウトー5 信仰(セントジョージとスカウティング・フォア・ボーイズ)
革命とロシア亡命スカウトー5 信仰(セントジョージとスカウティング・フォア・ボーイズ) ロシアスカウト連盟のエンブレムです。お気づきでしょうか?聖人守護のセントジョージが紋章になっています。 「スカウティング・フォア・ボーイズ」に、ベーデン・パウエルは騎士道精神と昔の騎士について書いてあります。 私が小学校6年のときに「スカウティング・フォア・ボーイズ」を初めて読みました。 その後、シニア、ローバー、スカウターになり読み返し、その度の新しい発見があります。当然、年齢に伴う歴史認識や信仰に対する考え方、スカウティングについての考え方の成熟によって、ベーデン・パウエルが伝えた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/12/15 22:55
信仰についてー11 (ロシア亡命スカウトの背景)
信仰についてー11 (ロシア亡命スカウトの背景) 平和の中で私たちにとって信仰とは何かを考えるは難しいのかもしれません。 戦争の原因は、民族や宗教観の違いなどが背景になることはなんとなくわかります。 日本人はいろんな宗教(文化)の取り込む特徴がある民族ではないかと私は考えます。 仏教と神道、道教と神道&仏教、仏教と耶蘇教(キリスト教)など、興味深いコラボレーションをします。 私の信仰する日蓮宗も、関西(京都を中心に)三十番神を信仰する地域もあります。 神道の神様を化身として、仏教でいうところの●●ですと言う考え方も柔軟にいろん... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2008/12/12 20:19
革命とロシア亡命スカウトー4 戦争と平和
革命とロシア亡命スカウトー4 戦争と平和 中国(1922〜1947)のNORSのスカウト旗です。 1917年のボルシェビキ革命の後、多くのロシア国民は土地を捨て、海外で移住しました。 ヨーロッパグループ(フランスを中心とする)と中国グループに大きく2つ分かれました。 中国ではハルビン、天津と上海の白ロシア人コミュニティで設立された。 白ロシア人コミュニティのスカウト隊は、ロシアのスカウト活動の伝統を続けて、創設者(オレーグI. Pantuhoff総長)の全体的な指揮の下で、スカウト運動の発展させた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 0

2008/12/11 00:14
革命とロシア亡命スカウトー3 戦争と平和
革命とロシア亡命スカウトー3 戦争と平和 ロシアスカウト連盟(1909〜1922)NORSのスカウティングは、1909年にロシアで始まりました。 写真は創設期のロシアスカウト連盟(NORS)総長オレーグ大佐 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 0

2008/12/10 23:40
革命とロシア亡命スカウトー2 戦争と平和
革命とロシア亡命スカウトー2 戦争と平和 1909年以降、ロシアスカウト連盟はロシア全域・シベリアまで急速に組織拡大しました。 共産主義の出現で、ロシア革命の後、ロシアスカウト連盟はその活動を禁止されました。 そして、革命によるボーイスカウトの指導者の一掃がありました。 指導者の多くはボルシェビキの容赦のない粛清で殺害されました。 資本主義が敵視される思想と帝政ロシアの少年団運動は徹底的な弾圧を受けたのです。 ロシアスカウト連盟とスカウト指導者は、弾圧と生命の危機から逃れる為に亡命していきます。 ヨーロッパや中国... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 0

2008/12/10 20:14
革命とロシア亡命スカウトー1 戦争と平和
革命とロシア亡命スカウトー1 戦争と平和 14NJでロシアスカウト派遣隊に接して、時代は変わるのだなぁ・・・。と実感した。 ベルリンの壁の崩壊後、ロシア、東欧のスカウティング復興はうれしい話です。 革命による共産化がスカウト運動を弾圧してきた歴史があります。 革命の弾圧は多くのスカウト指導者の処刑もあった事実を私たちは知りません。 亡命することを日本人はなかなか理解できないと思います。 革命によるスカウト運動の禁止と亡命する白ロシア人とスカウト組織の歴史を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/12/10 20:00
抗日する中国童子軍の歴史 戦争と平和
抗日する中国童子軍の歴史 戦争と平和 この写真は抗日戦争勝利を祝って街頭に繰り出した中国童子軍です。 戦争と平和というテーマで戦前・戦時中・戦後のスカウティングを考えると日本人としてショックな話もあります。 私は戦争は戦勝国が正義で敗戦国が悪であるとは思っていません。 戦争そのものが悪であることを理解する必要があります。 空気のように平和があるような平和ボケすること自体が怖いことです。 戦後日本が墨塗られた歴史観の中で、「経済日本」があることも考えなくてはなりません。 先般の「無名スカウト戦士の話」は多くのアクセスが... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 0

2008/12/07 12:45
健児歌集 戦前のスカウティング
健児歌集 戦前のスカウティング 自宅にあるスカウト関係資料の整理をしていると戦前のスカウト歌集「健児歌集」が出てきました。 シニアスカウトの頃にお世話になったスカウターから頂いた物です。 写真は東本願寺教学課発行の「健児歌集」です。 おそれく真宗大谷派スカウトが昭和9年当時に使用していたものだと思います。 あらためて数十年ぶりに開くといろいろな発見がありました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 6 / コメント 0

2008/12/06 13:45
「ちかい」と「おきて」 ユ二フォーム着用・三指の敬礼の許可
「ちかい」と「おきて」 ユ二フォーム着用・三指の敬礼の許可 「当時の日本連盟規約等に対して心ない批判をする人々には当時の三島総長を始めとしての苦心は永久に判らないだろう」と村山有氏は語る。 先ずGHQ関係者は日本のボーイスカウトは米国そのままなら許可しても良いというところまで占領関係国の内諾を得たのであった。 「ちかい」「おきて」その他全部翻訳する事となり、我々の苦闘は日夜続いたのであった。 後になるとあれが悪い・・・これがいかん・・・と批判は単的に下せるが、我々の翻訳したものを、三島総長、中野忠八先生等とGHQ関係者と会議を重ねその間、日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/12/05 16:58
戦時下のスカウティング 戦争と平和について
戦時下のスカウティング 戦争と平和について 写真は第二次大戦中のアメリカのマンザナール日系人強制収容所内で行われた、収容者の日系ボーイスカウトによるメモリアルデーのパレードです。 「アメリカ化」への思想教育の一環としてボーイスカウトが組織された。ボーイスカウトの団員は、当然のことながらアメリカ国家に対する忠誠を宣誓し、常にアメリカ国旗を掲げているにもかかわらず、「普通のアメリカ人」として扱われず、逃亡防止のために銃を向けられた強制収容所から出ることができないという異常な状況下での活動を強いられていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 7 / コメント 0

2008/12/04 08:55
ボーイスカウト第一回全国大会 昭和天皇とシルバーウルフ秘話
ボーイスカウト第一回全国大会 昭和天皇とシルバーウルフ秘話 昭和24年(1949年)、「ボーイスカウト第一回全国大会」を開くことになり、開催場所として当時はまだ日本人が近寄ってのぞき見することさえ許されなかった日比谷公園(ドゥリトル・フィルド)で計画された。 占領軍は日比谷公園に金網を張り巡らして「ドゥリトル・フィルド」と名前をつけ、米軍専用の球場にしていた。東京を最初に爆撃したドゥリトル将軍の名前である。 村山有氏は、マッカーサー将軍の最高副官ハフ大佐に談判して使用許可を取った。 さらにボーイスカウトの大会には天皇ご一家をお迎えするので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2008/12/03 09:58
村山有 日大ローバーのルーツと「新プロジェクト」結成のちかい
村山有 日大ローバーのルーツと「新プロジェクト」結成のちかい 今日は日大ローバーのルーツの話です。 戦後、ボーイスカウト再建には指導者の養成が不可欠であるとして、三島通陽総長、内田二郎氏、村山有等でスカウトクラブを始めた。  GHQの関東民政部教育官M・B・スティング氏より、米国の大学ではボーイスカウト科目があるので、日本も将来これ相応のものを行うべきで、まずどこかの大学にスカウト講座を置かないかと村山東京都連盟理事長に話があった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 0

2008/12/02 11:46
村山有  宗教章・日本版OA研究・ローバー隊
村山有  宗教章・日本版OA研究・ローバー隊 昭和三十五年(1960年)五月、松山市で開催されたボーイスカウト全国会議で、村山有氏は「ちかい」の中に、「神(仏)と国とに誠を尽くす」とあるので、スカウト宗教章をと提議し、日本で最初の宗教章として「仏教章」が設定された。   村山有氏は米国連盟よりオーダー・オブ・ディ・アロー章を授与され、日本でもオーダー・オブ・ディ・アロー章(OA章)の日本版を検討していた。 米国のインディアンの儀式が日本のアイヌの儀式と似ている事に気付き、セレモニーや歌などの部分を長年研究し東京七〇隊の行事で使... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2008/12/01 12:38

<<  2008年12月のブログ記事  >> 

トップへ

オールドスカウトの話 2008年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる